header

blog

「師走」

2019.12.05

今日の松江は雲の多い朝を迎えています。朝晩の冷え込みも厳しくなって本格的な冬の訪れを感じるようになりましたね。★先日の日曜日には松江市内とその周辺を走る「国宝松江城マラソン2019」が開催されました。当日は曇り空でしたが気温も穏やかで、山陰両県をはじめ全国各地から集まった4400名のランナーが師走の松江路を駆け抜けました。私もスタート直後の松江城大手前付近で応援させて頂きましたが、テレビで見るマラソンと違って迫力ある力走に圧倒されてしまいました。当日は地域のボランティアや周辺住民の方々のご協力で素晴らしい大会になったようです。松江の魅力を満喫できるイベントとして定着してほしいものですね。★いよいよ師走を迎えて何かと慌ただしい時期になりました。「師走」は師も走り回るほど忙しい時期と言われていますが、古くは日本書紀(720年成立)に「十有二月(しはす)」として記されているそうです。1000年以上前から使われていた言葉だと思うと不思議な気持ちになりますね。現在のように12月を「師走(しわす)」と呼ぶようになったのは江戸時代(元禄)以降と言われています。年末に僧侶(師)が各家庭を回ってお経を唱えるという習慣があったことから「師走」という文字が当てられたとか。いずれにしても一年の締めくくりの月でもあり、誰もが慌ただしくなる時期と言えますね。★明日も不安定な天気になりそうで、気温もそれほど上がらない予報になりました。

「放生会」

2019.11.25

今日の松江は朝から小雨模様になっています。終日、降ったり止んだりの天気になりそうですね。★先ほど、ご注文を頂いていた鯉が入荷しました。新しいお仏壇をお求めになると、「開眼供養」あるいは「お仏壇開き」などと呼ばれる儀式を執り行うことがありますが、この魚はその際に使用します。「お仏壇開き」の場面で生きた魚というのも不思議な感じもしますね。実はこれは「放生会(ほうじょうえ)」と呼ばれる儀式に由来しています。「放生」とは生き物を生きたまま野に放つという意味で、捕らえられた魚や鳥を自然に放ち、殺生を戒める儀式とされています。放生会は仏教における「殺生戒」の思想に基づいているとされていて、本尊の入魂の儀式では目の前の生き物を殺生することなく、生きたまま放つということに意味があるとされています。インドでは釋迦在世の時から行われていたと伝えられているそうですが、日本では寺院だけでなく各地の八幡宮などの神社でも「放生会」は執り行われています。歴史的に見ると神仏習合を如実に表している行事のひとつと言えますね。仏壇開きの際にご住職様に魚を数匹ご準備下さいと言われたら、この「放生会」を行うためのものと理解すればいいと思います。★明日も雲の多い天気になりそうですが、週末にかけては気温が低くなる予報になりました。

「七五三」

2019.11.15

堀川に面した「普門院」の境内の紅葉も徐々に緑から赤く変わり始めています。日増しに寒さも加わっていよいよ秋の深まりを感じるようになりましたね。★今日は「七五三」。子供の健やかな成長を感謝、祈願する日とされています。その由来は古く、平安や鎌倉時代にまで遡ると言われています。昔は医学も発達しておらず「子供はまず無事に育たない」と言われるほど成長すること自体が難しかったため、公家の間では3歳から7歳頃までの子供の成長に感謝を捧げ、加護を祈るようになったとされています。現在のように子供の健やかな成長を祈願する儀式が庶民に広まったのは江戸時代になってからと言われていますが、子供は7歳頃になるまではこの世にしっかりと生命が定着しない者として扱われ、7歳未満の子供は人別帳(戸籍)に載せなかったようです。無事に7歳まで育って初めて人として迎えられ、氏神様にお参りして「氏子入り」の奉告をするようになったと言われています。時々、神社の前を通りかかると綺麗な着物姿や袴姿の「七五三参り」のお子さんを見かけますが、無事に成長されるよう願わずにはいられませんね。★朝晩の冷え込みが厳しくなったので、我が家も暖房器具を出しました。体調管理にも留意しなければならない時期になりましたね。

「哲学の道」

2019.11.05

今日の松江は穏やかな朝を迎えました。終日、秋晴れの一日になりそうですね。★早いものでもう11月、今年も残すところあと2ヶ月となりました。この時期になると仏壇、仏具をはじめ掛軸、念珠、金襴製品などの新作が出品される「京都展示会」が開催されますので、私たちも来年の準備を兼ねて出掛けて来ました。また京都には歴史的、文化的な遺産も多いのでできるだけ見学するようにしています。京都永観堂付近から銀閣寺に繋がる場所に「哲学の道」という散歩道があります。沿道には木々が植わり、四季折々の風情を楽しむことができるので、一年を通じて観光客でにぎわう人気のスポットになっています。ここは1890年(明治23年)に琵琶湖疎水が完成した時の管理用道路だったそうですが、一般の人も歩いて通行するようになり、明治の頃には周辺に文人も多く住むようになったそうです。京都大学の哲学者「西田幾多郎」や「田辺元」らが好んで散策したことから「哲学の小径」などとも呼ばれます。西田幾多郎らが思案を巡らしたと言われる場所ですが、なるほどと思えるような自然に囲まれた静かな場所でした。「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」(西田幾多郎)★朝晩は冷え込みそうですが、明日も好天に恵まれる予報になりました。