header

blog

「盆提灯の組み立てに挑戦⑤」

2021.07.29

火種の油が大変貴重であった時代から「灯明」は大切なお供えとして定着したようです。仏教においては闇(無明)を照らす智慧の灯とされ、重要な供養と考えられています。お盆に用いる提灯もご先祖をお迎えする際の灯明で、すでに鎌倉時代には京都で精霊迎えとして「高灯籠」が用いられていたという記録が残されています(明月記)。現在ではお盆の形態は地域や宗派ごとに特色がありますが、ご先祖や故人を想う気持ちは連綿と受け継がれているのかも知れませんね。★提灯の組み立ては最終段階となります。台座に「火袋」をかぶせて3カ所の「輪止め」を回して止めたら「電球」を取り付けます。さらに「上柱」の上端に「雲手」を取り付け、火袋をゆっくりと持ち上げて「紐かけ金具」に紐を掛けて完成となります。最後に「火袋の絵柄(または家紋)」が正面を向くように調整します。この時に「火袋」の正面中央のつなぎ目と前側の「下足」の位置が揃っていることを確認します。今回は一般的な大内提灯の組み立てをご紹介しましたが、それぞれ提灯ごとに組み立て方法が異なる部分もありますので付属の「組立説明書」を参考にします。また、盆明けに提灯を収納する際には「火袋」の虫食い予防のため提灯用の「防虫剤」を入れておかれることをおすすめしています。

「盆提灯の組み立てに挑戦④」

2021.07.28

さすがに今年の夏の暑さは応えますね。万葉集に「石麻呂に吾れもの申す夏痩せに良しというものぞ鰻とり食せ(大伴家持)」と詠われています。今も昔も夏バテには鰻ということでしょうか。今日は土用の丑の日、何とかしたいものです。★大内提灯の組み立ては3本の足のうち手前側が1本、奥側が2本になるようにして作業を進めます。「ソケットコード」を下側から「通し穴」を通して一旦上に出して、中央の固定穴に「締め付けネジ」で取り付けます。「締め付けネジ」には「房掛けフック」が付いているので、フックに房を掛けます。次に2本の「上柱」を差し込みます。「上柱」には「火袋」をかける金具が付いているので、金具が外側になるようにします。おそらく後半部分で「難しい」と感じるのはこの工程ではないでしょうか。ただ、この工程は間違えてもやり直せるので心配はいりません。次に「ロクロ(台座)」に「火袋」をかぶせ、台座の上面の周囲3カ所に「火袋」を止める「輪止め」がありますので「輪止め」を回して固定します。分解工程では逆の手順になりますが、「上柱」を抜く際には柱を左右に小刻みに揺らしながら少しずつ抜くようにすると安全に抜き取ることができます。次回は組み立ての最終段階となります。

「盆提灯の組み立てに挑戦③」

2021.07.27

台風8号の影響でしょうか、松江でも朝方には少しだけ涼しい風が吹いていました。午後からは雲の多い空模様になりそうですね。★「盆提灯の組み立て」の後半部分では構成部品の役割を確認することが組み立てをスムーズに進めるためのポイントになります。丸いのは「ロクロ(台座)」で、上側には「上柱」を差し込む2つの穴がありますのでこの面が上側面となります。画像中ほどに2本の「上柱」とその上に「雲手」と呼ばれる繋ぎ部品、右側に「ソケットコード」、その下は風鎮付きの「房」、反対側に緑色の緩衝紙に入った「電球」、一番右側にあるのが「火袋」という構成です。ここで「難しい」と感じるのは「ロクロ(台座)」の中ほどにある大小の繋がった穴にソケットを取り付ける工程でしょうか。既に「ロクロ(台座)」の下側の3本の下足は組み立てられている状態なので、台座の下側から大きい方の「通し穴」に「ソケットコード」を通し、中心部分にある小さな方の「ソケット取り付け穴」に締め付けネジでソケットをしっかりと固定するという流れになります。★明日は山陰でも雨の降るところもありそうです。それでも日中の気温は高いので水分補給は欠かせませんね。

「盆提灯の組み立てに挑戦②」

2021.07.26

メダル候補と言われながらも実力を出し切れずに敗退する人、それでも重圧の中で真価を発揮する人。ほんの紙一重の世界なのでしょうか。ただ、どの競技でも直向に打ち込むアスリートの姿は無条件に美しいと感じますね。★大内提灯では最初に「台座部分」を組み立てることになります。実はこの部分が一番「難しい」と感じる工程で、ここが出来れば完成は目前です。画像のように「下足」を「ロクロ(台座)」に差し込みますが、最初に2本の「下足」を差し込んだ状態で「三角」を取り付け、その後で3本目の「下足」を差し込みます。最初から3本すべて差し込んでしまうと「三角」の取り付けが難しくなって、場合によっては割れなどの原因になりますので注意します。この作業では「ロクロ(台座)」に取り付けられている金具などが床や畳を傷つけてしまうことがありますので、厚手の布などを敷いて組み立てると安心です。いずれの作業も無理に力を入れると破損やケガの原因になりますので注意します。提灯を分解する際の手順はこの逆で、初めに1本の「下足」を丁寧に抜き取り、「三角」を外した後、残りの2本の「下足」を外します。次回は上半分の組み立て方法をご紹介します。★今日も気温が上昇する予報になりました。台風も接近しているので地域によっては注意が必要になりそうですね。