header

blog

「清原太兵衛」

2020.05.25

昨日は各地で7月並みの気温を記録していたそうですね。松江の最高気温も31度を超える真夏日となっていました。★季節は移り、暦の上では「小満」を迎えています。小満は二十四節気のひとつで「作物が膨らむものの、まだ収穫はできない時期」という意味だそうです。日本では田植えの始まる季節ですね。昨日通りかかった佐陀川周辺でも随分と田植えが進んでいるようでした。★佐陀川付近の水田開発については「清原太兵衛」の功績が広く知られています。松平直政が松江藩主として着任した時代以降、宍道湖の水は大橋川以外に排水河川が無かったため城下町松江は度々水害に見舞われたそうです。正徳元年(1711年)に松江市法吉村の農家に生まれた清原太兵衛は松江藩に採用され、土工、水理に詳しく、水害対策と宍道湖周辺低平地の開拓を目的とした新たな排水路、佐陀川(宍道湖~日本海)の開削を藩に申し入れました。天明5年(1785年)、清原太兵衛が指揮をとり開始された工事は天明7年に完成、これにより宍道湖の水位は1メートルほど下がり、開発された新田は200ヘクタールに及ぶと伝えられています。清原太兵衛は工事完成直前の76歳で生涯を終えますが、その功績は今も語り継がれています。★今日の松江は雲の多い一日になりそうです。全国的にも晴れたり曇ったりの天気になる予報ですね。

「金箔補修」

2020.05.15

今日は朝から雲の多い天気になりました。午後から夜にかけては雨模様になりそうですね。★ひと月前に植えたプランターの苗も5月からは気温も上昇して順調に成長しているようです。ただ、ミニトマトやピーマンに比べるとナスの育成が弱いように感じます。ナスはインド原産の熱帯性の野菜で、発育には20~25℃の温度が必要ということなので、もう少し気温が必要かもしれませんね。今朝はナスの葉の汁を吸うアブラムシも来ていましたので対策を考える時期になっているようです。インドでは強いスコールが降り注いで葉を勢いよく洗い流してしまうそうですが、スコールの降らない日本では強めのシャワーで葉の裏まで洗うか、天然成分で作られた農薬などを使用する方法が効果的だそうです。★画像はお位牌の金箔補修の作業途中のものです。お位牌の金箔部分は漆の接着力で薄い金箔を張り付けてありますので、強く擦ると剥がれ落ちてしまうことがあります。万一、剥がれた場合は一週間程度のお預かりで修理することができます。作業ではしっかり煤(すす)抜きをして油煙などを取り除きます。綿で漆を丁寧に摺りこんでから金箔を張り付け、最後に綿で金箔を押し付け圧着します。漆風呂に入れて完全に乾いたら出来上がりです。★明日も不安定な天気になりそうですね。来週も前半は雨模様になる予報になりました。

「下書き」

2020.05.05

今日の松江は爽やかな朝を迎えています。終日、雨の心配はなさそうですね。★ゴールデンウイークも終盤を迎えて、今日5月5日は「立夏」。立夏は「春が極まり夏の気配が立ち始める日」とされていて、この日から「立秋」の前日までを暦の上では「夏」と呼んでいます。先週からは徐々に気温も上昇して夏日を記録する地域もあったようです。農作業もいよいよ繁忙期に差しかかる時期ですね。★お位牌の戒名入れを「手彫り」で行う場合は朱墨による「下書き」が必要になります。「下書き」の良し悪しは彫刻の仕上がりを左右するほど大切な工程であるとされていて、書についてはベテランの職人でも日々の練習は欠かさないと言われます。一般に位牌の彫刻文字は一部の例外を除いて極端な個性を出さず、古典書法に従った「楷書」を用いることになります。彫刻は下書き文字をトレースするように小刀で彫りますが、札板の大きさ、文字数などを考慮して彫刻文字のボリュームを調整します。修行時代には彫刻と同様に書の重要性について厳しく指導されますが、お位牌の戒名彫刻は単に文字を彫るということに留まらず、仏様を彫るということになるので「下書き」も含めて丹念に仕上げるよう教えられます。画像は若かりし頃、練習で書いた懐かしい一枚です。★全国的に穏やかな天気になりそうですね。気温も上昇する予報になりました。

「穀雨」

2020.04.25

今日の松江は久しぶりに穏やかな朝を迎えています。雲ひとつない青空が広がり、日中の気温も20度まで上昇する予報になりました。★暦の上では「穀雨」を迎えて、水の冷たさも冬のような厳しさを感じなくなっていますね。「穀雨」は「百穀を潤す春の雨」という意味で、「穀雨」の頃からは徐々に雨量が多くなるので植物の種を蒔いておくと成長の頃には雨に恵まれて順調に育つ時期とされています。田畑の準備が整う頃でもあり、「穀雨」を田植えを始める目安にしている地域もあるそうです。自然の中で生きる草木にとっては活力がみなぎる恵みの季節ですね。★今年はあれこれと普段と違う生活になりつつあり落ち着く間もありませんが、気が付けばゴールデンウイークを迎える時期になりました。いつの間にか玄関先の軒下には燕が出入りしているようで、数日前から随分と賑やかになっています。気温も徐々に上がり始めており、先週植えたプランターのピーマンの苗も少しだけ成長したように見えます。日常の慌ただしさで見失いがちになりますが、自然の営みには癒されますね。★母里佛具店では大型連休は5月3日(日)から6日(水)までお休みをいただきます。その他は通常通り営業いたしますが、お休み中も店内では位牌彫刻業務を進めていますので、ご連絡いただければ対応させていただきます。週末から来週にかけても好天に恵まれる予報になりましたね。