header

blog

「聖観音立像修復」

2022.05.20

今週に入ってからは松江でも最高気温が25℃を超える日が多くなっています。昨日は全国各地で夏日となっていたようですね。★私たちの工房ではこの時期からお盆前にかけて仏像や仏具の修理で慌ただしくなります。画像は修復でお預かりした「丸厨子と聖観音立像」で、分解工程途中のものです。厨子、台座ともに傷みがあり、本来あるはずの蓮華座は欠損した状態です。ただ、観音像本体の状態は保たれており、時間は掛かりそうですが十分に修復は可能と考えています。この観音像は真鍮の光背に手打ちの型抜きが施された大変珍しい構造になっています。昭和の終わり頃には時々見かけたこの真鍮光背も今ではすっかり見かけなくなりました。★仏像を修復する場合は、油煙や煤を落としてから修復の方向性を決めることになりますが、この段階で色々と悩み始めました。真鍮光背には金箔が施された形跡はなく、本来は金箔厨子に真鍮磨きの光背という組み合わせであったと思われます。真鍮の再メッキという方法もありますが、厨子の純金箔とのバランスを考えると躊躇してしまいます。悩んだ末に、今回は真鍮に下地処理を施し、時間を掛けて塗り箔で仕上げることにしました。(画像はご依頼者様にご了解を頂き掲載しています)★しばらくは好天が続きそうです。こまめな水分補給は欠かせませんね。

「花回廊」

2022.05.10

大型連休の後半は好天に恵まれて夏を思わせる陽気になりました。全国の行楽地は久しぶりに賑わっていたようですね。★私も5月5日は短い休みをいただいて、鳥取県の「花回廊」まで出掛けました。ここは大山を望むことのできる景観の中で四季折々の花を楽しむことができます。今はバラをはじめユリやクレマチスなどを堪能することができる時期で、この日も様々なイベントが開催されており心身共にリフレッシュすることができました。花に心が癒されるのは何故でしょうか、不思議なものです。花の持つ美しさはもちろんですが、真っ直ぐに生きようとする直向きな姿に、愛おしさや健気さを感じるのも理由の一つになっているような気がしますね。★花は古来より信仰の中にも浸透してきたことが知られています。古代ローマでは「ユリの花」は希望の象徴とされ、キリスト教では聖母マリアの持物にもなっています。また、イスラム教では「バラの花」は神聖な花とされ、白いバラは「ムハンマド」を表し、赤いバラは「神アラー」を表していていると言われます。仏教においては仏の悟りの姿を表すとされる「蓮」が古くから大切な花とされてきました。花の持つ生命力や神秘性は時代や地域を越えて人々の心を魅了してきたのかもしれませんね。★立夏を迎えてからは過ごしやすい日が続いていますが、明日からはまた雲が多くなる予報になりました。

「平和」

2022.04.30

昨日からの風雨は落ち着いたものの、肌寒さを感じる朝を迎えました。大型連休の後半は好天に恵まれる予報になっていますね。★法然上人は平安時代末期から鎌倉時代の僧で、浄土宗の開祖として知られています。長承2年(1133年)4月、美作国(岡山県久米郡)の武士である父 漆間時国公と母 秦氏の元に生まれ、幼名は「勢至丸」と名付けられました。保延7年(1141年)勢至丸が9歳の時、父は領土の争論に巻き込まれ敵対する明石源内武者貞明に襲われてしまいます。父は死の間際、勢至丸に仇討ちをしてはならないと言い遺しました。敵を恨んではいけない。恨みは恨みを呼び、その連鎖は消えることがない。私の菩提を弔い、自分自身も迷い苦しみから離れ救われる道を求めて行きなさい、と諭しました。勢至丸は父の遺言を真摯に受け止め出家し、仏道の道を歩んだとされています。これは法然上人幼少期のエピソードとして知られていますね。★お釈迦様が説いた真理の一つに「諸法無我」があります。これは「世の中のすべてのものごとはつながり合っていて、個として独立しているものは何一つない」という意味になります。人も動物もすべてはつながり合う中で存在しており、他を殺めることを戒め、他を慈しむことの大切さを説きました。また、欲望のままに欲しいものを手に入れたと思っても幸せは遠く、執着することの儚さを説いています。★大きいように見える地球も、つながり合う中で成り立っている小さな星。争いのない平和な日々が訪れることを願うばかりですね。

「穀雨」

2022.04.20

今日の松江は穏やかな朝を迎えています。まだ早朝の風には冷たさが残りますが、日中の気温は初夏の気配を感じるほどになっていますね。★暦の上では春の最後の節気となる「穀雨」を迎えました。穀雨は「百穀春雨」と言われ、春の穏やかな雨が多くの穀物を潤し順調に成長する頃とされています。田植えの準備が始まるのもこの頃からで、農業を営む友人宅ではこの時期から当分の間、休む間もなく慌ただしくなるとのことでした。大自然の中で生きる草木にとっても活力がみなぎる恵みの季節ですね。★いよいよ来週末からは大型連休に入ります。私たちもできるだけ品薄にならないよう考慮して在庫を揃えていますが、連休中には多くのメーカーがお休みとなりますので、取り寄せ品につきましてはどうしてもご不便をお掛けすることがあります。例年、この時期になるとお位牌の戒名入れなどのご依頼も集中しますので、法要などの日程が決まっている場合はお早めのご準備をおすすめしています。弊店の定休日は第1、第3日曜日で、大型連休中には5月3日(火)~5日(木)も休業とさせていただきますが、それ以外の日は通常通り対応させて頂きますので宜しくお願いいたします。★明日は雲が多くなりそうな予報になりましたが、気温は全国的に上昇しそうですね。