header

blog

「地蔵菩薩」

2020.01.24

今日の松江は雲の多い朝を迎えました。気温はそれほど下がらない予報になっていますね。★今日、24日はお地蔵さまのご縁日。一年の最初の24日は「初地蔵」と呼ばれています。子供の頃からお地蔵さまは身近な存在で、外で遊べばいつもどこかで見かけていたように思います。現在でも路傍に立つお地蔵さまの姿は私たちの日常生活の風景に溶け込んでいますね。★誰もが身近に感じるお地蔵さまですが、そもそも「地蔵信仰」はいつ頃から始まったのでしょうか。日本では浄土信仰が普及した平安時代以降、お地蔵さまは無限の大慈悲の心で私たち衆生を様々な苦しみから救済して下さる菩薩として広まったと考えられています。また、子供たちには格別に慈愛の手を差しのべるとされ、赤いよだれ掛けを贈られたお地蔵さまも多く見かけます。仏教では釈迦入滅後、弥勒菩薩が現れるまでの世界ですべての有情を六道の苦しみからも救済する菩薩とされることから六地蔵の姿で祀られることも多いようです。昔話のひとつに「笠地蔵」という話があります。大晦日の雪の晩に、じいさまが市場で売れなくて持ち帰った笠をお地蔵さまにかぶせるという物語ですが、古くからお地蔵さまが庶民の間でも慕われてきた様子が伝わる話ですね。★来週にかけても不安定な天気になりそうです。インフルエンザも流行っているようなので体調管理に留意したいですね。

「繰出位牌」

2020.01.13

今日の松江は雲が多ようですが、晴れ間も見える朝となりました。気温もそれほど下がらない予報になりましたね。★早いもので、1月も半ばを迎えました。今年に入ってからは気温の高い日が多いようで、日中の最高気温が平年よりも10度ほど高い日もあったようです。昨年も松江の平野部では冬の間中、積雪が見られなかったように記憶していますが、今年も暖冬なのでしょうか。積雪が無い年は農作物の収穫に影響が出るそうなので農家の方々にとっても心配ですね。★工房では繰出(くりだし)位牌の戒名入れの作業を進めています。繰出位牌とは牌身内部に戒名や法名を記した札板を何枚も入れることができるようにしたもので、江戸時代の中期に寺院用位牌として作られたのが始まりと推定されています。一説では三十三回忌または五十回忌後は祖霊に一体化するとされることから、それ以降は菩提寺に納められていたようです。画像は下線を描き終えた段階のもので、このあと漆で戒名を書き入れ、漆が乾く直前に金粉を蒔きます。枚数が多い場合でも、書体にバラつきが出ないように一気に書き上げます。一般には、表板の一枚が塗り板で中板は白木板で構成されることが多いようですが、画像の繰出位牌は「共板」と呼ばれるもので、すべての板が塗り板で構成されています。★明日も雲が多くなりそうな予報になりました。今週いっぱいは不安定な天候になりそうですね。

「謹賀新年」

2020.01.05

今年のお正月は全国的に穏やかな天気になったようですね。松江でも1月とは思えない暖かな日差しを感じる三が日となりました。★いよいよ2020年のスタートを切りました。新たな時代に向う一つの区切りのように感じますね。漠然とした記憶しかありませんが、小学生の頃は西暦2020年などという未来は想像もつかない世界を思い描いていたように思います。自動車は自由に空を飛び、人間も自由に水中に潜り、食事もボタン一つで自動的に出来上がる便利な世界を想像していたと思います。こうして2020年になってみると、簡単に空を飛ぶことはできませんが、世界中の出来事を即座に知ることができ、地球上のどこにいても、誰とでも話せる本当に便利な時代になったように思います。ほんの数十年間で私たちの生活や文化は劇的な変化を遂げたと言えるかもしれませんね。一方で多くの人々が、年末に除夜の鐘を打ちに寺院を訪れ、また、新年には神社に初詣に出掛けます。進化した文化を享受しつつも、ご先祖や自然の恵みに感謝する文化も残されていると感じますね。新年の穏やかな時間が過ぎて、明日からは平常通りの生活に戻りますが、私もこの一年、感謝の気持ちを忘れることのないよう過ごす年にしたいと思います。★今日の松江も穏やかな朝を迎えました。明日も好天に恵まれる予報になりましたね。

「冬至」

2019.12.25

今朝の松江は久しぶりに青空が戻ってきました。松江城周辺の紅葉も散り、冬らしい風情となっていますね。★12月22日には「冬至」を迎えて日照時間が一年で最も短くなる時期となりました。これからは少しずつ日照時間も伸びることになり、古くから「一陽来復(いちようらいふく)」と言って徐々に運気が上昇し始める時とされてきました。古代欧州でもこの時期は一年で最も昼間が短い「冬至」にあたることから、太陽の死と復活を祝う「冬至のお祭り」が盛大に行われていたそうです。12月25日はイエス・キリストの降誕を祝う日として定着していますが、クリスマスは古代ヨーロッパの「冬至祭」の風習と「キリスト教」が結びついて現在のような形になったと言われています。「冬至」を境にこれまでの太陽が滅び、新たな太陽が復活するという発想は興味深く感じますね。★いよいよ今年も残すところ1週間となりました。皆様にはこの一年ご愛顧を賜りましたこと心よりお礼申し上げます。母里佛具店の年内の営業は12月30日(月)まで、新年は1月6日(月)より通常営業致します。インフルエンザも流行り始めているようです。健康に留意して元気に新年を迎えたいものですね。★来るべき年が皆様にとって素晴らしい一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。